静岡県磐田市(読み)いわた〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕磐田〈市〉(いわた〈し〉)


静岡県西部、天竜川東岸に位置する市。
遠州灘に臨む。2005年(平成17)4月、旧・磐田市と磐田郡福田(ふくで)町、竜洋町、豊田町、豊岡村が合併して現在の姿となる。プロサッカーJリーグのジュビロ磐田のホームタウン。古くは遠江国(とおとうみのくに)(静岡県西部)の国府・国分寺がおかれた。遠江国分寺跡は国の特別史跡に指定されている。江戸時代には、見付地区は東海道五十三次の見附宿、中泉地区は陣屋町として繁栄した。別珍(べっちん)・コール天など繊維関係の地場産業に加え、オートバイ・機械関連・化学・楽器・食品などの工場がある。温室メロン・イチゴ・緑茶・白ネギなどの栽培が盛ん。福田漁港は遠州灘のシラス漁の基地。見付天神裸祭は国の重要無形民俗文化財

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

静岡県磐田市の関連情報