コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静岡県磐田市 いわた〈し〉

1件 の用語解説(静岡県磐田市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕磐田〈市〉(いわた〈し〉)


静岡県西部、天竜川東岸に位置する市。
遠州灘に臨む。2005年(平成17)4月、旧・磐田市と磐田郡福田(ふくで)町、竜洋町、豊田町、豊岡村が合併して現在の姿となる。プロサッカーJリーグのジュビロ磐田のホームタウン。古くは遠江国(とおとうみのくに)(静岡県西部)の国府・国分寺がおかれた。遠江国分寺跡は国の特別史跡に指定されている。江戸時代には、見付地区は東海道五十三次の見附宿、中泉地区は陣屋町として繁栄した。別珍(べっちん)・コール天など繊維関係の地場産業に加え、オートバイ・機械関連・化学・楽器・食品などの工場がある。温室メロンイチゴ・緑茶・白ネギなどの栽培が盛ん。福田漁港は遠州灘のシラス漁の基地。見付天神裸祭は国の重要無形民俗文化財

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

静岡県磐田市の関連情報