コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静岡県袋井市 ふくろい〈し〉

1件 の用語解説(静岡県袋井市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕袋井〈市〉(ふくろい〈し〉)


静岡県南西部、遠州灘に臨む市。
市内を太田川とその支流の原野谷(はらのや)川が流れる。2005年(平成17)4月、磐田郡浅羽町と合併して現在の姿となる。旧袋井市は江戸時代には東海道の宿場町として栄えた。市内には化学・機械・電機などの工場がある。稲作と、メロン・茶の栽培も盛ん。遠州三山とよばれる法多山尊永(はったさんそんえい)寺・医王山薬王院油山(ゆさん)寺・秋葉総本殿可睡斎(かすいさい)は観光客や参拝客でにぎわう。小笠山総合運動公園にはエコパスタジアムがある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

静岡県袋井市の関連情報