コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静岡駅前地下街ガス爆発事故

1件 の用語解説(静岡駅前地下街ガス爆発事故の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

静岡駅前地下街ガス爆発事故

1980年8月16日午前9時25分ごろ、静岡市紺屋町(現・同市葵区紺屋町)の静岡駅前ゴールデン街(現・静岡紺屋町名店街)にあった第一ビル地下1階で小さな爆発(一次爆発)があり、約30分後に大規模なガス爆発(二次爆発)が起きた。一次爆発で駆けつけた消防士や商店主ら15人が死亡、223人が重軽傷を負った。建物への被害も163の店舗や住宅に及んだ。静岡ガス社員2人が業務上過失致死傷の疑いで書類送検されたが、いずれも不起訴処分となった。

(2010-08-16 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

静岡駅前地下街ガス爆発事故の関連キーワード五夜四時JR下関駅放火事件下関駅放火事件川端商店街の火災静岡大空襲東北空襲福岡県の女性3人連続殺害事件名古屋刑務所の革手錠事件JR函館線脱線事故

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone