コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非ハロゲン系難燃剤 ひはろげんけいなんねんざい

1件 の用語解説(非ハロゲン系難燃剤の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

非ハロゲン系難燃剤

環境への影響が低く、再生利用が可能なプラスチック素材のこと。資源有効利用促進法により、パソコンメーカーは使用済みパソコンの回収と再資源化が義務付けられたため、パソコンの筐体の素材として採用し始めている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

非ハロゲン系難燃剤の関連キーワード環境基本法環境効率グリーン・バイオケミストリー新エネルギーグリーン経済コンポスター有効需要(effective demand )ごみの3R環境影響評価(アセスメント)流水型(穴あき)ダム

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone