コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非特異的コリンエステラーゼ ひとくいてきコリンエステラーゼ

大辞林 第三版の解説

ひとくいてきコリンエステラーゼ【非特異的コリンエステラーゼ】

コリンエステラーゼの一。コリンエステルを非特異的に加水分解する。多くが肝臓に由来すると考えられ、その活性は肝疾患などの診断の指標とされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

非特異的コリンエステラーゼの関連キーワードコリンエステラーゼ

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android