靡寝(読み)なびきぬ

精選版 日本国語大辞典「靡寝」の解説

なびき‐・ぬ【靡寝】

〘自ナ下二〙 寄り添って寝る。なびき伏す。
※万葉(8C後)二・一三五「玉藻なす 靡寐(なびきね)し児を 深海松(ふかみる)の 深めて思へど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android