コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

面河[村] おもご

1件 の用語解説(面河[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おもご【面河[村]】

愛媛県中南部,上浮穴(かみうけな)郡の村。人口1052(1995)。面河川の源流域に位置し,村域は四国最高峰石鎚山南斜面を占める。南東は高知県に接する。もと杣川村と称したが,面河渓にちなんで1934年面河村と改称した。農林業が基幹産業で,木材,茶,タバコシイタケなどを産し,養蚕も行われる。山林の過半数は国有林,村外者所有林で占められる。村域北東部は石鎚国定公園に指定され,面河渓(名)がある。石鎚スカイラインが通じ,石鎚山の裏登山口でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

面河[村]の関連キーワード面河渓寒川三坂峠伊予伊予簾南魚沼雪娘坂本源兵衛檜垣伸

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone