コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

面河[村] おもご

世界大百科事典 第2版の解説

おもご【面河[村]】

愛媛県中南部,上浮穴(かみうけな)郡の村。人口1052(1995)。面河川の源流域に位置し,村域は四国最高峰の石鎚山南斜面を占める。南東は高知県に接する。もと杣川村と称したが,面河渓にちなんで1934年面河村と改称した。農林業が基幹産業で,木材,茶,タバコ,シイタケなどを産し,養蚕も行われる。山林の過半数は国有林,村外者所有林で占められる。村域北東部は石鎚国定公園に指定され,面河渓(名)がある。石鎚スカイラインが通じ,石鎚山の裏登山口でもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android