コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

面河〈村〉 おもご〈むら〉

1件 の用語解説(面河〈村〉の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕面河〈村〉(おもご〈むら〉)


愛媛県南東部、高知県との県境、石鎚(いしづち)山脈南斜面に存在した村。上浮穴(かみうけな)郡。
国指定名勝の面河渓で知られる。2004年(平成16)、合併のため廃止。⇒久万高原町

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

面河〈村〉の関連キーワード石鎚山脈三嶺銅山川仁淀川鷲羽岳愛媛県境室戸四国カルスト面河[村]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone