コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

面発光レーザー めんはっこうれーざーsurface emission‐type laser

知恵蔵の解説

面発光レーザー

半導体レーザーのうち、放出された光をpn接合[「接合とは?」参照]の面に垂直な方向で外部に取り出すようにした構造の素子。光通信用の半導体レーザーに多く用いられる構造。高輝度を得るために、種々の工夫がある。光を放出する活性領域の面積を、結合させる光ファイバーの断面より小さくした電流狭窄構造などである。

(荒川泰彦 東京大学教授 / 桜井貴康 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

面発光レーザーの関連キーワード伊賀健一

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

面発光レーザーの関連情報