靭皮繊維・靱皮繊維(読み)じんぴせんい

大辞林 第三版の解説

じんぴせんい【靭皮繊維・靱皮繊維】

茎の形成層の外方にある繊維。師部繊維・皮層繊維などから成る。靭皮繊維のよく発達しているアサやアマからは糸や布を、コウゾやミツマタからは和紙を作る。 → 師部繊維

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android