コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞍作止利・鞍作鳥 くらつくりのとり

大辞林 第三版の解説

くらつくりのとり【鞍作止利・鞍作鳥】

飛鳥時代の仏師。止利仏師とも。渡来人司馬達等たつとの孫。北魏ほくぎの仏像形式を取り入れながら、日本式に洗練された様式を完成。法隆寺金堂の釈迦三尊の光背には止利仏師の銘がある。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone