韓国プロ野球(読み)かんこくぷろやきゅう

知恵蔵の解説

1982年に6チーム、2シーズン制でスタート。87年から7チーム、91年から8チームになり、99年からはドリーム・リーグマジック・リーグの2リーグ制になったが、2001年から再び1リーグ8チームに戻った。プレーオフは3ステージに分かれて争われ、まずシーズン成績の3位と4位のチームが3戦の準プレーオフを戦い、その勝者と2位チームが5戦のプレーオフ、最終的にその勝者が1位チームと7戦による韓国シリーズを争う。83年に結ばれた日韓紳士協定で選手契約に制限を加えたが、国内の不況で日米への好選手流出が相次ぎ、04年にはシーズン56本塁打のアジア記録を持つ(イ・スンヨプ)がロッテ移籍(現・巨人)して話題になった。その後の年俸右肩上がりで、06年度は沈正洙(サムスン)の7億5000万ウオン(約9000万円)を筆頭に過去最高の82人が1億ウオン以上の契約をしている。

(武田薫 スポーツライター / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

韓国プロ野球の関連情報