コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓国併合で日本に渡った朝鮮人

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

韓国併合で日本に渡った朝鮮人

1910年の併合後、出稼ぎ徴用で多くの朝鮮の人々が日本へ渡った。終戦時、朝鮮半島出身者は日本本土に約200万人いたとされ、当時の日本の人口の約3%を占めた。関西では石綿を含む紡織業に従事する人が多く、待遇改善を求め、朝鮮人の女性工員らによる争議も起きた。

(2010-12-06 朝日新聞 夕刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

韓国併合で日本に渡った朝鮮人の関連キーワードフレーブニコフ新聞小説ワチラウットフレーブニコフニコラ1世アフリカ神話有島武郎桂太郎内閣都市気候夏目漱石

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android