コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓国籍と朝鮮籍

1件 の用語解説(韓国籍と朝鮮籍の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

韓国籍と朝鮮籍

47年、政府は外国人登録制度をつくって植民地支配した朝鮮出身者を「外国人とみなす」とした。国籍欄には「朝鮮」と記載したが、法的には日本国籍だった。その後、48年に韓国と北朝鮮が成立。韓国側の申し入れで50年から国籍欄に「韓国」も使えるようになった。52年のサンフランシスコ講和条約発効に伴い、政府は朝鮮出身者について「日本国籍を失う」との通達を出した。法務省の統計では05年末現在、韓国・朝鮮籍は外国人登録者の3割に近い59万8千余人。都道府県別で最も多いのは大阪府の14万2千人。

(2007-12-16 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone