コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓国通貨危機

1件 の用語解説(韓国通貨危機の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

韓国通貨危機

1997年に入り財閥系企業の破綻が相次ぎ、金融機関での不良債権が累積、韓国に対する信用が低下する中、タイからの通貨危機が波及。中央銀行の特融や通貨当局の介入により暴落には至っていなかったが、11月17日、都市銀行5行が外貨決済不能に陥り、ウォンは急落、通貨当局は介入を放棄。11月21日には正式にIMFへの支援を要請。IMFは史上最大規模となる210億ドルの融資の実施を決定。日本の100億ドル、米国の50億ドルなど融資パッケージは総額570億ドルにのぼった。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

韓国通貨危機の関連キーワードペイオフ出版取次御気に入り宣戦場所入り日系企業石黒俊夫神戸挙一ガバナンス Governanceローゼンタール

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone