コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音域 [range] オンイキ

音楽用語ダスの解説

音域 [range]

音域とは、音の幅、(一番高い音~一番低い音)の事を言うのだろと言う位はわかっているが、音域は何処までですか、などと会話されます。楽器で言えば、この音域は演奏可能です、とか、此の音は出ません音域に気を使って、などと、使われます。音域といわれる楽器や人の声の音の幅と同様、人間の幅も似たようなところがあって、楽な音域(環境)での演奏(活動)は、気楽なものである代わりに緊張力は無く、チョット魅力にもかけます。それに反して音域ギリギリの所では、緊張力は高まり、その魅力は限りなく発揮されます、しかしその反面、クセの強いものになってしまいます。どちらにしても、程度問題、と言う事でしょうか。感情を無くしたメロディーは狭い音域で表現されます。特に高音域ギリギリでの狭い音域でのメロディーは緊張管と叫びだけです。

出典 (株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて 情報

音域 [range]の関連キーワード日高 弘:エベレスト山のシャコンヌ ハ短調とハ長調/piano solo残存聴力活用型人工内耳スリーウエースピーカーフルレンジスピーカーツーウエースピーカー3ウェイスピーカーミクソリディア旋法コントラファゴットフォノイコライザーバストロンボーンバリトンサックスボーイソプラノアルトサックステナーサックスコントラルトソプラニスタクラリネットメゾソプラノツィーターウーファー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android