コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音域 [range] オンイキ

1件 の用語解説(音域 [range]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

音域 [range]

音域とは、音の幅、(一番高い音~一番低い音)の事を言うのだろと言う位はわかっているが、音域は何処までですか、などと会話されます。楽器で言えば、この音域は演奏可能です、とか、此の音は出ません音域に気を使って、などと、使われます。音域といわれる楽器や人の声の音の幅と同様、人間の幅も似たようなところがあって、楽な音域(環境)での演奏(活動)は、気楽なものである代わりに緊張力は無く、チョット魅力にもかけます。それに反して音域ギリギリの所では、緊張力は高まり、その魅力は限りなく発揮されます、しかしその反面、クセの強いものになってしまいます。どちらにしても、程度問題、と言う事でしょうか。感情を無くしたメロディーは狭い音域で表現されます。特に高音域ギリギリでの狭い音域でのメロディーは緊張管と叫びだけです。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

音域 [range]の関連キーワードコル一番首一番備え一番目いの一番音域メーンポール挙歌A難度B難度

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone