コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音止めの滝 おとどめのたき

1件 の用語解説(音止めの滝の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕音止めの滝(おとどめのたき)


静岡県の富士山南西麓(なんせいろく)、芝(しば)川本流にかかる滝。落差25m。直線状に落下する滝で、西150mにある白糸(しらいと)の滝と対をなし、両者を合わせて「白糸の滝+音止めの滝」として「日本の滝百選」に選定される。鎌倉時代の武士曽我(そが)兄弟の仇討(あだう)ち伝説が残り、北東200mに工藤祐経(くどうすけつね)の墓がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

音止めの滝の関連キーワード富士御殿場西南西西麓南西初富士富士宮湧玉池富士[市]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone