コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韻律論 いんりつろん

大辞林 第三版の解説

いんりつろん【韻律論】

韻文におけるリズムの根幹部である格調の研究。韻律学。韻律法。
母音や子音などのいわゆる分節音以外の、すべての言語学的に有意な音的現象を扱う音韻理論の一分野。ロンドン学派のファース(J. R. Firth1890~1960)の用語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

韻律論の関連キーワードジョージ・エドワード・ベイトマン センツベリトマシェフスキーヘファイスチオン伊福部 隆輝ロンドン学派ジーフェルス山田美妙グラモン永明文学ファース押韻歌論韻文韻律

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android