コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

順翁紹応

美術人名辞典の解説

順翁紹応

江戸後期の真言宗の僧。諱は紹応、字は順翁。有馬桂林寺で慈雲尊者を拝して具足戒を受け、弟子となる。初め堺長慶寺に住し、のち桂林寺、大阪万善寺に住す。弟子として助勢の功が大きい。享和3年(1803)寂、享年未詳。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android