順翁紹応

美術人名辞典の解説

順翁紹応

江戸後期の真言宗の僧。諱は紹応、字は順翁。有馬桂林寺で慈雲尊者を拝して具足戒を受け、弟子となる。初め堺長慶寺に住し、のち桂林寺、大阪万善寺に住す。弟子として助勢の功が大きい。享和3年(1803)寂、享年未詳。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android