コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須佐湾海域公園地区 すさわんかいいきこうえんちく

1件 の用語解説(須佐湾海域公園地区の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

須佐湾海域公園地区
すさわんかいいきこうえんちく

山口県北部萩市北長門海岸国定公園の海域。1997年須佐湾海中公園地区として指定。2009年法改正により,現名称に変更。面積約 0.3km2。須佐湾(国指定名勝・天然記念物)一帯は沈降による溺れ谷地形で,周辺の岩質は安山岩流紋岩などの火山系岩質と砂岩礫岩ホルンフェルスなどが入り組んでいる。湾内は穏やかな入江であるが,湾外は日本海の荒波によってできた海食崖海食洞が発達。魚類はイシダイスズメダイ類が多い。ウミウシ類なども見られる。(→海域公園地区

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone