須田 開代子(読み)スダ カヨコ

20世紀日本人名事典の解説

須田 開代子
スダ カヨコ

昭和・平成期のプロボウラー 日本プロボウリング協会副会長。



生年
昭和13(1938)年8月2日

没年
平成7(1995)年11月20日

出生地
東京市中野区

学歴〔年〕
横浜市立商卒

経歴
入社した外資系の貿易会社でボールを輸入していたことから、ボウリングを始め、2年でアマ日本一となる。昭和44年プロボウラー第1号としてデビュー、中山律子、石井利枝とともに全盛時代を築く。’69年度全米女子オールスタートーナメント準優勝をはじめ、日本プロボウラー界の女王として君臨。60年1月胃がんで入院、4分の3を切除したが、半年で復帰した。公式戦通算43勝。平成3年日本プロボウリング協会副会長に就任。7年治療のため渡米、11月に死去した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android