コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須賀松園(2代) すが しょうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

須賀松園(2代) すが-しょうえん

1897-1979 昭和時代の鋳金家。
明治30年10月25日生まれ。富山県高岡市で江戸風蝋型鋳物技術を父の初代松園にまなび,昭和10年2代をつぐ。18年新文展で特選。49年選択無形文化財保持者となった。「蝋型鋳造須賀松園作品集」がある。昭和54年12月15日死去。82歳。東京出身。本名は精一

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

須賀松園(2代)の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android