コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

預託金制ゴルフ会員権

1件 の用語解説(預託金制ゴルフ会員権の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

預託金制ゴルフ会員権

ゴルフ場を新設する際、資金集めのために、一定の金額を預けた人に与える会員権。優先的に利用ができる。預託金は無利子で据え置かれ、10~20年の据え置き期間後、会員は返還を求めることができる。バブル期のように会員権相場が預託金額より高くなっていれば、償還期が来ても流通市場で売却すると利益が得られ、企業や個人の「財テク」の手段とされた。

(2011-02-26 朝日新聞 朝刊 栃木全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone