コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頓・一向 ひたぶる

大辞林 第三版の解説

ひたぶる【頓・一向】

( 形動 ) [文] ナリ 
もっぱらそのことに集中するさま。いちず。ひたすら。 「 -に追い求める」 「 -な努力」 「幾条いくすじの銀箭ぎんせんが斜めに走るなかを、-に濡れて行くわれを、われならぬ人の姿と思へば/草枕 漱石
すっかりその状態であるさま。全く。 「よそ目には-狂人と人や見るらん/謡曲・清経」
向こう見ずなさま。粗暴なさま。 「海賊の-ならむよりもかの鬼しき人の/源氏 玉鬘

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone