コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頓・一向 ひたぶる

大辞林 第三版の解説

ひたぶる【頓・一向】

( 形動 ) [文] ナリ 
もっぱらそのことに集中するさま。いちず。ひたすら。 「 -に追い求める」 「 -な努力」 「幾条いくすじの銀箭ぎんせんが斜めに走るなかを、-に濡れて行くわれを、われならぬ人の姿と思へば/草枕 漱石
すっかりその状態であるさま。全く。 「よそ目には-狂人と人や見るらん/謡曲・清経」
向こう見ずなさま。粗暴なさま。 「海賊の-ならむよりもかの鬼しき人の/源氏 玉鬘

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android