頤使・頤指(読み)いし

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 あごでさしずすること。見下したような態度で、人を使うこと。〔文明本節用集(室町中)〕
※春窓綺話(1884)〈高田早苗・坪内逍遙・天野為之訳〉九「想ふに彼れは到底唯唯として人の頤使(イシ)を受くべきものにあらず」 〔漢書‐賈誼伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android