コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭・首 かしら

大辞林 第三版の解説

かしら【頭・首】

[3] ( 名 )
人や動物の首から上の部分。あたま。 「 -を振る」 「 -、右」
髪の毛。頭髪。 「 -に白いものがまじる」
物事の最初。初め。いちばん上。 「五歳を-に三人の子供がいる」 「 -文字」
一つの集団を統率して、上に立つ人。特に、大工・鳶とび職などの親方。統領。 「盗賊の-」
(「首」とも書く)人形の首。特に、操り浄瑠璃の人形の首。
能で、演者の扮装に用いる仮髪。鬘かずらと区別し、毛の長く垂れたものをいう。 → 黒頭赤頭白頭
能楽や長唄の演奏の冒頭。 「つづみの-」
刀の柄頭つかがしら
漢字の構成部分の名称。あみがしら・はつがしらなど。かんむり。
( 接尾 )
助数詞。和語の数詞に付く。
人や動物などを数えるのに用いる。 「一日に千-絞くびり殺さむ/古事記 上訓
仏像などを数えるのに用いる。体。 「仏…幾-造り奉りたるぞと問へば/宇治拾遺 9
人の上に立つ者、特に大将・大名などを数えるのに用いる。方かた。 「今夕はお大名さまお二ふた-お泊りで/滑稽本・膝栗毛 5
烏帽子などを数えるのに用いる。 「折らぬ烏帽子十-/義経記 7」 → がしら(頭)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

頭・首の関連キーワード中央アジア音楽六白金星びんた振る五体尼鷺禿鸛野鶲

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頭・首の関連情報