頭胴長(読み)とうどうちょう

大辞林 第三版の解説

とうどうちょう【頭胴長】

哺乳ほにゆう類の外部形態を検討する際の基本的な計測項目の一。全長(身体を平面上に伸ばしたときの頭の前端から尾の最後端までの距離)から尾長を引いた長さ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android