コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭脳警察

2件 の用語解説(頭脳警察の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

頭脳警察

69年、埼玉県出身のパンタと東京都出身のトシらで結成。バンド名は米国の音楽家フランク・ザッパが率いたマザーズ・オブ・インベンションの楽曲「フー・アー・ザ・ブレイン・ポリス?」が由来。赤軍派幹部の檄文(げきぶん)に曲をつけた「世界革命戦争宣言」などの作品を発表。過激な歌詞が問題視され、アルバム相次いで発売中止や自主回収になった。75年に解散後、再結成とソロ活動を繰り返す。

(2010-02-15 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タレントデータバンクの解説

頭脳警察


グループ
頭脳警察

グループメンバー
PANTA/TOSHI

デビュー年
1969

職種
音楽

プロフィール
音楽業界のシステムに振り回されることなく「ダサくてもいいから、日本語オリジナルをやろう」と、1969年12月に結成されたロックバンド。中心メンバーはPANTAとTOSHI。日本語による過激な歌詞と自由なメロディーは、当時の若者の叫びそのものだった。学生運動の時代、1972年に発表されたファーストアルバム『頭脳警察1』は歌詞の過激さから発売中止、セカンドアルバム『頭脳警察セカンド』も発売後に回収となり、頭脳警察は反体制バンドとして担ぎあげられる。その後、数々の伝説的ステージと6枚のアルバムを残して、政治的時代の終焉を告げるかのように1975年12月31日、渋谷のライヴハウス屋根裏で解散。2009年『FUJI ROCK FES‘09』の出演を機に再始動。同秋、CDアルバム『俺たちに明日はない』の発売を記念して全国ツアーを行う。2010年9月、4日間に渡り全曲ライブを実施。11月、テイチクエンタテインメントより結成40周年BOX『無冠の帝王』をリリースし、伝説のバンド外道と関西ツアー(神戸・大阪・名古屋)を行う。2011年4月、テイチクエンタテインメントより2010年に行われた全曲ライブを収録したDVD BOX『頭脳警察 from 全曲LIVE~反逆の天使~』をリリース。

代表作品
CDアルバム『頭脳警察1』(1972) / CDアルバム『頭脳警察セカンド』(1972) / CDアルバム『俺たちに明日はない』(2009)

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

頭脳警察の関連キーワード営業警察経済警察警察医刑事警察高等警察国家警察鉄道警察隊移動警察鉄道警察パンタ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

頭脳警察の関連情報