コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頸城油・ガス田 くびきゆガスでん

世界大百科事典 第2版の解説

くびきゆガスでん【頸城油・ガス田】

新潟県西部の頸城平野北部にある油・ガス田。1954年帝国石油によって発見された。96年には日産58klの原油を生産している。地質構造は,海岸から沖合にまたがるドーム構造と,この南の内陸部にあるドーム構造との複合体である。油層は第三紀中新世の寺泊層中の砂岩および凝灰岩である。原油は海岸から沖合にひろがるドーム構造の翼部にあるレンズ状の砂岩にトラップされ,天然ガスは,ドーム構造の頂部にトラップされたものと,翼部で断層によってトラップされたものとがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

頸城油・ガス田の関連キーワード帝国石油[株]大潟[町]上越(市)高田平野大潟

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android