頸椎後縦靭帯骨化症(読み)けいついこうじゅうじんたいこっかしょう(英語表記)ossification of posterior longitudinal ligament

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頸椎後縦靭帯骨化症
けいついこうじゅうじんたいこっかしょう
ossification of posterior longitudinal ligament

頸椎部の後縦靭帯が骨化する疾患。 1960年,日本で初めて報告されて以来,脊髄症を引起す疾患の一つとして注目されている。骨化の形態としては,個々の椎体に限局している分節型,複数の椎体にわたる連続型,この両型の混合型がある。症状は上肢のしびれ,頸部や肩の凝りや痛みだけの軽症のものから,四肢麻痺による歩行不能のものまで,さまざまである。頸椎のみならず,胸椎や腰椎部にも骨化がみられることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android