コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼円(4) らいえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼円(4) らいえん

1214-? 鎌倉時代の僧。
建保(けんぽ)2年生まれ。広橋頼資(よりすけ)の子。法相(ほっそう)宗。奈良興福寺で叔父の良兼にまなぶ。13歳で最勝会(さいしょうえ)の講師をつとめる。文永3年(1266)興福寺別当。のち同寺東光院にうつった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

頼円(4)の関連キーワード喫茶養生記ベレンゲラ喫茶養生記比良山地佐々木高綱比良山武奈ヶ岳ベーコンルイシラオス

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone