顎・腭・頤・頷(読み)あご

大辞林 第三版の解説

あご【顎・腭・頤・頷】

人や動物の口の上下にある器官。上顎じようがく骨と下顎かがく骨から成り、後者が側頭骨と関節をつくることによって、物をかむことができ、また言葉を発するのに役立つ。あぎ。あぎと。
〔「頤」と書く〕 したあご。おとがい。 「 -がはずれる」
ものいい。おしゃべり。 「えらい-ぢやな/滑稽本・膝栗毛 5
食事や賄いなどのこと。 「 -のない寄合不参だらけなり/柳多留 10
食い扶持ぶち。 「弁慶も-にありつく橋の上/柳多留 50

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android