コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顎・腭・頤・頷 あご

1件 の用語解説(顎・腭・頤・頷の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

あご【顎・腭・頤・頷】

人や動物の口の上下にある器官。上顎じようがく骨と下顎かがく骨から成り、後者が側頭骨と関節をつくることによって、物をかむことができ、また言葉を発するのに役立つ。あぎ。あぎと。
〔「頤」と書く〕 したあご。おとがい。 「 -がはずれる」
ものいい。おしゃべり。 「えらい-ぢやな/滑稽本・膝栗毛 5
食事や賄いなどのこと。 「 -のない寄合不参だらけなり/柳多留 10
食い扶持ぶち。 「弁慶も-にありつく橋の上/柳多留 50

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone