コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顎無し あぎなし

大辞林 第三版の解説

あぎなし【顎無し】

オモダカ科の多年草。沼地や溝などに生える。葉は根生して長い柄を有し、矢じり形に三裂する。夏から秋にかけ、40~80センチメートルの花茎を出し、白色の三弁の花を開く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

顎無しの関連キーワードオモダカ科多年草白色花茎沼地根生

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android