コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顔面蒼白 がんめんそうはく

大辞林 第三版の解説

がんめんそうはく【顔面蒼白】

精神的な動揺や困惑などによって顔がまっさおになること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

顔面蒼白の関連キーワード血液、造血器のしくみとはたらきアダムス=ストークス症候群反復性腹痛(反復性臍疝痛)たばこ中毒(ニコチン中毒)動揺病(乗り物酔い)けが(外傷/損傷)溶血性尿毒症症候群病原大腸菌食中毒新生児メレナメニエール病骨髄性白血病子宮外妊娠脳しんとう消化管出血褐色細胞腫ジフテリアショック先天梅毒驚愕反応低血糖症

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

顔面蒼白の関連情報