コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

類える・比える たぐえる

大辞林 第三版の解説

たぐえる【類える・比える】

( 動下一 ) [文] ハ下二 たぐ・ふ
比較する。くらべる。 「心の尊さは金にも銀にも-・へ難きを/五重塔 露伴
なぞらえる。 「鶴亀に-・へての祝尽しも/おらが春」
あるものと並ばせる。また、一緒に行かせる。伴わせる。 「花の香を風の便りに-・へてぞうぐひすさそふしるべには遣る/古今 春上

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

類える・比えるの関連キーワード風の便りおらが春

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android