コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風の道計画

1件 の用語解説(風の道計画の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

風の道計画

ドイツのシュツットガルト市が1980年代、大気汚染や夏の暑さ対策のために市内に吹く風の状況を調査し、建物の配置や街の緑化など都市計画を見直したのが始まり。JR東京駅八重洲口側の再開発では高さ約50メートル、幅約138メートルのビルを壊し、東京湾からの風が駅近くのオフィス街や皇居に流れるようにする計画が進んでいる。

(2010-09-25 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

風の道計画の関連キーワードシュトゥットガルト西ドイツパッヘルベルベルツ花シュタイナー教育統一ドイツケスレルホルメンコール

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone