コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風の道計画

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

風の道計画

ドイツのシュツットガルト市が1980年代、大気汚染や夏の暑さ対策のために市内に吹く風の状況を調査し、建物の配置や街の緑化など都市計画を見直したのが始まり。JR東京駅八重洲口側の再開発では高さ約50メートル、幅約138メートルのビルを壊し、東京湾からの風が駅近くのオフィス街や皇居に流れるようにする計画が進んでいる。

(2010-09-25 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

風の道計画の関連キーワードドイツ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android