コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風俗歌(ふぞくうた)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

風俗歌(ふぞくうた)

平安時代の宮廷社会で盛んだった歌謡の一つで、催馬楽(さいばら)、東遊歌(あずまあそびうた)、神楽歌(かぐらうた)と合わせた4大古代歌謡は「四譜(しふ)」と呼ばれる。地方の民謡をもとに作られ、毎年7月に行われた「相撲節会(すまいのせちえ)」という天皇の前で相撲をとる行事の中で歌われたことまでは分かっているが、四譜の中で最も史料が少なく、研究が遅れている。

(2009-02-04 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

風俗歌(ふぞくうた)の関連キーワード大中臣能宣里謡∥俚謡大友黒主大伴黒主鳴り高し平安時代風俗歌国風歌久米舞隼人舞大和舞国栖歌国栖奏東遊び大和歌八少女今様歌風俗舞隼人風俗

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android