コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風船茸 ふうせんたけ

大辞林 第三版の解説

ふうせんたけ【風船茸】

担子菌類ハラタケ目のきのこ。日本各地に分布。林下の地面に群生、時に孤生する。高さ5~10センチメートル。傘は丸山形で茎は短いが著しく膨らむ。表面は粘り、初め紫褐色のちに茶褐色となる。食用になる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

風船茸の関連キーワード茶褐色分布地面群生食用林下

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android