飛び・跳び(読み)とび

大辞林 第三版の解説

とび【飛び・跳び】

飛ぶこと。跳躍すること。 「そこまでならひとっ-だ」
数字を読み上げるとき、その位の数字がゼロであることを示す語。例えば五〇、〇七六円は「五万とびとび七十六円」と読む。
囲碁で、ある石から一路ないし三路あけて石を打つこと。一間いつけん飛び・二間飛びが多用される。
「飛魚とびうお」の略。 〔のアクセントは [1]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android