飛島建設[株](読み)とびしまけんせつ

百科事典マイペディアの解説

飛島建設[株]【とびしまけんせつ】

大型土木に強い中堅ゼネコン。1883年飛島文次郎が福井城の城郭取り壊し工事を請け負い,飛島組を創業。1916年株式会社に改組。1946年に企業再建整備法の適用を受け解散(この時独立した下請熊谷組前田建設工業がある)。1947年飛島土木として設立。1965年現社名に改称水力発電・鉄道・トンネル等大型土木に強く,戦前はダム建設国内2位。1990年代の開発事業拡大路線が頓挫し,社長交代。みずほ銀行から3度の金融支援を受け再建中。本社東京。2011年資本金55億円,2011年3月期売上高1158億円。売上構成(%)は,土木52,建築46,開発等2。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android