コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛燕と五式戦闘機

1件 の用語解説(飛燕と五式戦闘機の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

飛燕と五式戦闘機

飛燕は三式戦闘機の愛称。ドイツのダイムラーベンツの技術を基に、国産化した水冷エンジンを搭載した。高空能力に優れていたが、エンジンの故障に悩まされた。飛燕のエンジンを直径の大きな空冷に変えたのが五式で、機体はスマートな飛燕をそのまま使ったため、頭でっかちのずんぐりした格好になった。陸軍が採用した最後の戦闘機で、敗戦が近い1945年4月から配備された。

(2009-12-03 朝日新聞 朝刊 むさしの 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飛燕と五式戦闘機の関連キーワード戦闘機ダイムラー西ドイツ飛燕ファントムFSX支援戦闘機統一ドイツF1支援戦闘機

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone