コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛燕と五式戦闘機

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

飛燕と五式戦闘機

飛燕は三式戦闘機の愛称。ドイツのダイムラーベンツの技術を基に、国産化した水冷エンジンを搭載した。高空能力に優れていたが、エンジンの故障に悩まされた。飛燕のエンジンを直径の大きな空冷に変えたのが五式で、機体はスマートな飛燕をそのまま使ったため、頭でっかちのずんぐりした格好になった。陸軍が採用した最後の戦闘機で、敗戦が近い1945年4月から配備された。

(2009-12-03 朝日新聞 朝刊 むさしの 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

飛燕と五式戦闘機の関連キーワード飛燕

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android