コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛行禁止空域

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

飛行禁止空域

軍事物資の搬入阻止や、迫害のおそれのある勢力、少数派の保護などを目的に設定される。旧ユーゴスラビア紛争では1992年、国連安保理決議に基づきボスニア・ヘルツェゴビナ上空に設けられた。91年の湾岸戦争以降、フセイン政権(当時)下のイラク上空に、対立していた北部のクルド人や、南部のイスラム教シーア派住民の保護を目的に段階的に設定され、米英軍が監視飛行やイラク軍対空施設の空爆などを実施した。イラク側は明確な国連決議に基づかず無効だと反発、対空砲などで応戦した。

(2011-03-04 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

飛行禁止空域の関連キーワードエイブラハム・リンカーンドローン(無人飛行体)ジョージ・ワシントンカール・ヴィンソン

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android