コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群

1件 の用語解説(飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群

橿原市、桜井市、明日香村の3市村にある飛鳥時代(6世紀末~710年)の史跡や名勝28件から構成される。東アジアとの交流の中で、「日本」が誕生する歴史が刻まれた場として重要な価値があるとしている。県内四つ目の世界遺産登録を目指し、2007年に暫定リストに掲載された。主な構成資産は石舞台古墳高松塚古墳キトラ古墳飛鳥京跡苑池(えんち)、藤原宮跡大和三山など。

(2011-06-26 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群の関連キーワード危機遺産世界文化遺産ルスト世界遺産の現状と課題世界遺産暫定リスト長崎の教会群とキリスト教関連遺産富士山の世界文化遺産登録を目指す運動世界遺産登録沖の島百舌鳥・古市古墳群

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群の関連情報