コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群

1件 の用語解説(飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群

橿原市、桜井市、明日香村の3市村にある飛鳥時代(6世紀末~710年)の史跡や名勝28件から構成される。東アジアとの交流の中で、「日本」が誕生する歴史が刻まれた場として重要な価値があるとしている。県内四つ目の世界遺産登録を目指し、2007年に暫定リストに掲載された。主な構成資産は石舞台古墳高松塚古墳キトラ古墳飛鳥京跡苑池(えんち)、藤原宮跡大和三山など。

(2011-06-26 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群の関連情報