食み返る・癁る(読み)はみかえる

大辞林 第三版の解説

はみかえる【食み返る・癁る】

( 動四 )
食べて帰る。また、食べに戻る。 「まこも草あさりし駒の-・るらむ/頼政集」
魚が水面に浮かんで呼吸し、また水中にもどる。 「このいるか-・り候はば、源氏亡び候ふべし/平家 11
(「癁る」とも書く)病気がぶりかえす。 「聞けば跡から-・る、そもいかなる病ぞや/浄瑠璃・天の網島

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android