コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食品の新しい放射能基準

1件 の用語解説(食品の新しい放射能基準の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

食品の新しい放射能基準

一般食品で1キロ当たりの放射性セシウムが100ベクレル、飲料水では10ベクレル。子供への影響も考慮し、乳児用食品と牛乳は50ベクレルと厳しくした。国際機関の基準などを参考に、飲食による被曝量が年1ミリシーベルト以下になるように決めた。測定が難しいストロンチウムなど、セシウム以外の放射性物質の影響もあらかじめ織り込んでいる。原発事故の直後に定められた暫定基準(一般食品は500ベクレル、飲料水と牛乳・乳製品は200ベクレル)に比べて大幅に厳しい。

(2013-03-06 朝日新聞 朝刊 東特集F)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

食品の新しい放射能基準の関連情報