コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食品表示ウオッチャー制度

1件 の用語解説(食品表示ウオッチャー制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

食品表示ウオッチャー制度

食肉の産地偽装など食品をめぐる問題が02年に続発したことを機に国が導入した。行政機関からウオッチャーを委託された消費者が、食品に関連する法律で記載の定められた「原産地」「賞味期限」といった項目について、表示に不備がないかどうかを調べる。群馬の場合、県から毎年6〜7月に任命を受け、翌年の3月まで調査に参加する。不備を発見したら連絡するほか、3カ月に1回の割合で調査件数などを報告する。表示漏れなどは、必要に応じて県が業者を調査・指導する。ウオッチャーには1年間の謝金として5千円分の図書券が支給される。

(2008-01-27 朝日新聞 朝刊 群馬全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食品表示ウオッチャー制度の関連キーワードサラクルー肉質カード食品チルド食品冷凍変性NOVAをめぐる問題船場吉兆による偽装・不正表示船場吉兆をめぐる産地偽装事件終末期医療をめぐる経過海砂採取をめぐる問題

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone