コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食邑[朝鮮] しょくゆう[ちょうせん]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

食邑[朝鮮]
しょくゆう[ちょうせん]

朝鮮で功のあった臣下に与えられた領地。新羅では,たとえば法興王 19 (532) 年に金官国の首長金仇亥に金官国を部に格下げしただけで,そのまま食邑として与えたように,来降者や戦功のあった者に対して土地や人間を与えた。貴族の経済的基盤は旧支配地を食邑としてもつことで,この経済力を背景にして慶州貴族は統一戦争にのぞみ,また地方の直轄行政も行なった。高麗の崔氏は官軍にまさるほどの強大な家兵集団をもっていたが,その権力の基盤は膨大な食邑と農荘を手に入れていたからである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android