コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯塚事件とMCT118型鑑定

1件 の用語解説(飯塚事件とMCT118型鑑定の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

飯塚事件とMCT118型鑑定

科警研が92年に久間元死刑囚の毛髪と現場遺留物を別々にDNA型鑑定し、いずれも「16―26型」で一致とした。この鑑定や他の状況証拠から久間元死刑囚の死刑が確定したが、専門家は当時から「判定写真がゆがみ、正確な型を測るのは難しい」と指摘していた。遺留物はすべて消費されて再鑑定はできないが、弁護団は判定写真の検証から久間元死刑囚の型は「16―27型」だったと主張している。

(2009-12-24 朝日新聞 朝刊 栃木全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飯塚事件とMCT118型鑑定の関連キーワード科警研死刑囚DNA型鑑定大阪教育大付属池田小学校児童殺傷事件福岡市一家4人殺人事件福岡事件大韓機爆破事件飯塚事件福岡一家4人殺害事件北山河