コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯尾宗祗 いいお(いのお) そうぎ

美術人名辞典の解説

飯尾宗祗

室町後期の連歌師。号は自然斎・種玉庵。連歌宗砌心敬専順に師事、また和歌を飛鳥井雅親東常縁に、古典・有職を一条兼良に学ぶなど修業に努め、将軍足利義尚をはじめ、多くの公家・武家がその講を請うまでとなった。又、各地を歴遊して連歌の普及、門人の育成に貢献し、多くの歌論書・紀行文・歌集等を残した。中でも『新撰菟玖波集』は連歌の集大成として知られている。文亀2年(1502)歿、82才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

飯尾宗祗の関連キーワード猪苗代兼載土佐光信

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android