飯盛 里安(読み)イイモリ サトヤス

20世紀日本人名事典の解説

飯盛 里安
イイモリ サトヤス

大正・昭和期の化学者 元・理化学研究所主任研究員。



生年
明治18(1885)年10月19日

没年
昭和57(1982)年10月13日

出身地
石川県金沢市

学歴〔年〕
東京帝大理科大学化学科〔明治43年〕卒

学位〔年〕
理学博士〔大正5年〕

主な受賞名〔年〕
帝国学士院賞〔昭和20年〕,朝日文化賞〔昭和20年〕

経歴
東京帝大講師、大正4年第一高等学校教授を経て、6年理化学研究所に入る。8年オックスフォード大学に留学、アイソトープの父といわれるソッディ博士に師事し、アイソトープの訳語「放射性同位元素」を日本で初めて使った。昭和17年主任研究員となり、27年科学研究所名誉研究員、37年飯盛研究所を設立し代表。日本の放射化学研究の草分け的存在。他に日本分析学会、日本化学会各会長を務めた。著書に「分析化学」「放射化学実験法」「天然物放射能」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

飯盛 里安 (いいもり さとやす)

生年月日:1885年10月19日
大正時代;昭和時代の無機化学者。理化学研究所主任研究員
1982年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android